男女

早期治療が大事な自律神経失調症の症状【不調のサインを見逃さない】

ガンに有効な治療方法です

医者と患者

免疫細胞治療法はまず人間の免疫をコントロールしている細胞でガン細胞を攻撃する事の出来る、リンパ球やリンパ球にガン細胞の特徴などを知らせる樹状細胞と呼ばれる物を患者の血液から取り出します。取り出したリンパ球などは体外で培養・活性化をし機能を高めたり数を増やしたりした後に、再び患者さんの体の中に戻されます。免疫細胞治療は患者さんの免疫細胞を使用しますので、副作用の心配がなく患者さんの身体の負担が少ないのが最大の特徴となっています。その為体力の低下の心配もなく生活の質などを落とすことなく治療を続けて行くことが可能となっています。また免疫細胞治療法については研究・技術開発が日々進められており進化し続けています。

免疫細胞治療法は自身の細胞を使用し体に優しい治療方法な為、ガンの初期段階の方を初めガンが進行している方でも再発した方でも受けられる治療となっています。またほとんどのガン種にも適応する事が出来る治療方法でありながら、採血と点滴を繰り返す物となっており入院の必要が無く外来治療のみで行う事が可能となっています。免疫細胞治療は手術後に残ってしまったガン細胞や放射線治療後に小さくなったガン細胞の掃除や、抗がん剤で弱ったガン細胞に大きなダメージを与える事が出来ると期待されています。免疫細胞療法のみでは抗ガン剤治療の様にガン細胞を直ぐに小さくすることは出来ませんが、その他の治療方法と組み合わせる事で再発予防や治療効果はとても期待出来る治療方法となっています。