男女

早期治療が大事な自律神経失調症の症状【不調のサインを見逃さない】

放射線治療なら負担少ない

看護師

脳の病気の治療や予防

体の中でも重要な部分として知られるのが脳です。脳ではいろいろな判断がされ、それが全身に伝えられます。もし脳が正常に機能しなければ、全身の機能もうまく動きません。麻痺を起こすことになります。脳動静脈奇形は、脳の動脈と静脈が異常な塊になる病気です。塊が大きくなれば破裂する可能性あり、破裂すれば脳内出血を起こします。脳の血管が破裂した時と同じ症状です。又、脳動静脈奇形は検査などによっても発見されます。この時は破裂はしていないものの、将来的に破裂する可能性を持った状態になります。どちらにしても、その状態が見つかったときには、その部分を摘出する手術が行われます。出血がない時は、安静にして様子を見る場合もあります。

開頭手術と放射線治療

昔の遺跡などを見ると、頭蓋骨に穴があいているものが見つかるそうです。想像としては、その時代に開頭手術をしたのではないかといわれています。麻酔などがない時代に開頭するとなるとかなり大変ですが、それだけの技術があったともいえます。今は、脳の病気の時に開頭手術をするのは一般的です。簡単ではありませんが、多くの医療機関で行われます。脳動静脈奇形の場合も、まずは開頭手術を提案されます。そして奇形の部分を摘出する手術が行われます。脳動静脈奇形の手術の方法として、放射線を使ったサイバーナイフ療法が取られる場合があります。こちらは、外部から放射線を当てる治療法で、開頭などは行いません。ですから体への負担はそれほど多くありません。